研究 臨床検査

【学生必見⁉ 王道の研究の始め方】研究の流れを学ぼう【臨床検査】【研究】

こんばんは、オダシです。

普段は大学病院の臨床検査技師をやりながら、医療系大学院生(M2)をしています。

医療系のトピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。

最近、研究室の後輩と研究について話すことがあって、研究をやる意味みたいなものがわからんと言われました(笑)。

私は研究のために進学をしたので、役に立てればなぁということで、後輩と似たような状況にある人の参考になればいいと思います。

後輩君の話によりますと、

「今は春休みのど真ん中だけれども、コロナウイルスの影響でどこにも行けない。病院見学も軒並みコロナウイルスのおかげで中止になった。

この状況だからこそ、就活が本格化する前に卒業研究を終わらせて、論文を書きたいが、テーマも何も決まっていない。

先輩はどうやってテーマを決めたのか?研究の流れとか基礎を知りたい」

といった内容でした。

学部生の時の卒業研究って、実際どうやっていいかわからんですよね。

私もそうでした。

でも院生になり、主席になるまでに、多くの研究や論文を読んで、ある程度の王道パターンがあると気付いたので、それをまとめていければと思います。

研究の流れを学ぼう

実際に私が、経験的に学んだ研究の王道パターンはシンプルなものなので、医療系に限らずどの分野の研究にも使うことができます。

ざっくりいうと、

調べたいことを見つけて、

計画を立てて、

計画に沿って調べて、

分かったことをまとめて、

ほかの人に教えて、

もらった感想を生かして、

足りなかったことは調べて、

自分の学びたいものを増やすを繰り返すことですね。

手順として言い換えますと、

  1. 研究テーマを探す(どんなに小さいこと、ニッチなことでもよい)
  2. 実験の計画を立てる(データの集め方や解析・分析方法をはじめに決める)
  3. 実験でデータを集める(フィールドワークやアンケートなども立派な実験です)
  4. 統計処理をして、まとめる(統計処理については後日まとめます)
  5. 論文などで報告する(データをまとめるコツや書き方のコツ、引用文献については後日まとめます)

の1-5を繰り返し行うことです。

抽象的すぎて、意味が分からんですよね。

具体例を使います。

私は、大学院で修士を取得するにあたって「子宮体癌」の研究をやりました。(内容については、後日まとめたいと思います)

ここに、今回のパターンを当てはめますと、

  1. 日本では近年、子宮体癌の患者さんの数が増え続けている。(研究テーマを探す)
  2. 顕微鏡を使って、癌の細胞集塊の写真を撮り、細胞核の重積層数に注目する。(実験の計画を立てる)
  3. 自身で細胞像を見まくって、癌と正常の細胞の写真をひたすら撮影、測定する。(実験でデータを集める)
  4. 癌と正常な細胞の細胞像を比較する。(統計処理をして、まとめる)
  5. 研究の背景や目的をもとに、結果に対して考察までまとめ上げる。(論文などで報告する)

となります。

こんな感じで私は研究をやっています。

この流れが研究の王道パターンです

ぜひ試してみてください。

実際には、もっと細かいことに注目して研究すること良いと思います。

卒業研究に充てられる時間は少ないので、フロシキを広げすぎると回収ができなくなってしまいます。

自分にあった研究テーマを探してみましょう。

まとめ

今回は研究の流れについてまとめました。

おさらいします。

  1. 研究テーマを探す
  2. 実験の計画を立てる
  3. 実験でデータを集める
  4. 統計処理をして、まとめる
  5. 論文などで報告する

以上が、王道の研究の流れです。

この記事が皆さんの役に立てば幸いです。

この記事が良かったらいいね!お願いします。

1

こんばんは、オダシ(@OdaCM_T)です。 普段は大学病院の臨床検査技師、医療系の大学院生をやりながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。 4月に入り、新年度が始まり ...

2

こんにちは、オダシです。 普段は大学病院の臨床検査技師、細胞検査士、医療系大学院生(D2)をしながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。   私は臨床検査技師 ...

-研究, 臨床検査

Copyright© OdaCM. T Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.