細胞診 臨床検査

問題解説 総論-4【第52回細胞検査士認定試験 一次試験筆記】 

こんばんは、オダシです。

普段は大学病院の臨床検査技師、医療系大学院生(D1)をしながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。

この記事を書いているの私は、養成課程在籍時に 細胞検査士認定試験を、一回でパスしました。 その後、大学院に進学し、 後輩たちの研究や学習のバックアップを行っています。

 

学生たちから、こんな要望がありました。

 

一次試験の対策を始めたのですが、この知識で十分なのか分からないので解説してほしい。
男子学生
男子学生

 

というものです。

 

前の問題はこちら

(2019年度 第52回 総論-3. 後腹膜臓器はどれですか)

 

次の問題はこちら

(2019年度 第52回 総論-5. 免疫組織化学で核に陽性所見を示すものはどれですか)

 

 

 

オダシ
オダシ
さっそく解説していきます

 

問題 総論-4 【第52回細胞検査士認定試験 一次試験筆記】

オダシ
オダシ
問題文を見ていきましょう

4.肉芽腫性炎を示す疾患はどれですか.

A.癩(ハンセン病)    1.A.B

B.梅毒        2.A.E

C.慢性ウイルス性肝炎 3.B.C

D.潰瘍性大腸炎    4.C.D

E.急性膵炎      5.D.E  

 

解答は1. A.B です。

 

この問題のポイントは「肉芽腫性疾患の把握」です。

 

解説していきます。

肉芽腫性疾患の把握

オダシ
オダシ
肉芽腫性疾患の問題は細胞検査士試験、国家試験でも頻出です

 

肉芽腫性疾患については以前は覚えることが少なかったですが、

 

近年はマイナーな疾患が出題されることもあり、解答に苦慮することもあります。

 

ですが、安心してください。

 

細胞検査士試験や臨床検査技師国家試験においては次の7つを覚えておけば安心です。

 

 

結核
サルコイドーシス
ハンセン病(癩・らい病)
梅毒
野兎病
クローン病
猫ひっかき病

 

 

 

知識に不安がある方や細胞診のみならず、検査一般の知識を身に着けたい方は、上記の7つに加えて

ブルセラ病
腸チフス
鼠経リンパ節肉芽腫

の3つも覚えてしまいましょう。

 

疾患についての詳細な解説は後日行います。

 

肉芽腫性疾患は数多くある炎症の中の一つの分類にすぎませんが、国家試験や細胞検査士試験で頻出の問題です。

 

 

 

 

まとめ:問題 総論-4 【第52回細胞検査士認定試験 一次試験筆記】

今回は「第52回細胞検査士認定試験 一次試験筆記 問題 総論-4」についてまとめてきました。   おさらいします。

  • 問題のテーマは「肉芽腫性疾患の把握」
  • 基礎的な知識は早めに身に着けよう
  • メジャーどころの7つは押さえておこう
  • マイナーの3つは余裕があれば知識の仕上げとして覚えよう

皆さんが、一次試験を無事突破することを願っています。

1

こんばんは、オダシ(@OdaCM_T)です。 普段は大学病院の臨床検査技師、医療系の大学院生をやりながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。 4月に入り、新年度が始まり ...

2

こんにちは、オダシです。 普段は大学病院の臨床検査技師、細胞検査士、医療系大学院生(D2)をしながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。   私は臨床検査技師 ...

-細胞診, 臨床検査

Copyright© OdaCM. T Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.