https://odacmt.com

細胞診 臨床検査

問題解説 総論-6【第52回細胞検査士認定試験 一次筆記試験】

 

こんばんは、オダシです。

 

普段は大学病院の臨床検査技師、医療系大学院生(D1)をしながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。

 

この記事を書いているの私は、養成課程在籍時に 細胞検査士認定試験を、一回でパスしました。

 

その後、大学院に進学し、 後輩たちの研究や学習のバックアップを行っています。

 

  学生たちから、こんな要望がありました。  

 

一次試験の対策を始めたのですが、この知識で十分なのか分からないので解説してほしい。
男子学生
男子学生

 

というものです。  

 

前の問題はこちら(2019年度 第52回 総論-5. 免疫組織化学で核に陽性所見を示すものはどれですか)

 

次の問題はこちら(2019年度 第52回 総論-7.リンパ球浸潤を伴う腫瘍はどれですか)

 

 

オダシ
オダシ
さっそく解説していきます

 

問題 総論-6 【第52回細胞検査士認定試験 一次試験筆記】

 

オダシ
オダシ
問題文を見ていきましょう

6.間質性粘液を有するものはどれですか.

A.多形腺腫       1.A.B

B.濾胞腺腫     2.A.E

C.粘表皮癌     3.B.C

D.印環細胞癌    4.C.D

E.腺様嚢胞癌    5.D.E  

 

解答は2. A.E です。  

 

この問題のポイントは「粘液の分類」です。  

 

解説していきます。

 

粘液の分類

オダシ
オダシ
粘液は上皮性、間質性に大別されます

 

粘液を細かく分類していくとキリがありません。

 

細胞検査士試験や臨床検査技師国家試験レベルの

問題を解くときに必要な最低限の知識を身に着けましょう。

 

 

粘液を染め上げる際に使う特殊染色の違いを知ることが、

粘液の性質を理解するための近道になります。

 

粘液の特殊染色

粘液を染め上げる特殊染色は種類がいくつかあります。

染色原理やプロトコルについての解説は後日行います。

 

上皮性粘液

  • ムチカルミン染色
  • PAS染色(例外あり)

以上の特殊染色が頭に入っていれば大丈夫です。

今回の問題では、

 

B.濾胞腺腫     

C.粘表皮癌     

D.印環細胞癌 

 

の選択肢がPAS染色陽性となり、

間質性粘液ではないと言えます。   

 

 

間質性粘液

  • アルシアンブルー染色
  • トルイジンブルー染色(pHにより様々)
  • コロイド鉄染色
  • ギムザ染色(メタクロマジーを示す)

以上の特殊染色が頭に入っていれば大丈夫です。

今回の問題では、

 

A.多形腺腫       

E.腺様嚢胞癌   

 

の選択肢で、ギムザ染色でのメタクロマジー

が観察され、間質性粘液と判断できます。

 

 

上皮細胞の種類に比べ、間質細胞の種類の方が多いため、

間質性粘液の種類が多くなり、必然的に間質性粘液を

証明する特殊染色の種類も多くなります。

 

 

 

 

まとめ:問題 総論-6 【第52回細胞検査士認定試験 一次試験筆記】

今回は「第52回細胞検査士認定試験 一次試験筆記 問題 総論-6」についてまとめてきました。   おさらいします。

  • 問題のテーマは「粘液の分類」です
  • 基礎的な知識は早めに身に着けよう
  • 粘液の違いは特殊染色と組み合わせて覚えよう

皆さんが、一次試験を無事突破することを願っています。

1

こんばんは、オダシ(@OdaCM_T)です。 普段は大学病院の臨床検査技師、医療系の大学院生をやりながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。 4月に入り、新年度が始まり ...

2

こんにちは、オダシです。 普段は大学病院の臨床検査技師、細胞検査士、医療系大学院生(D2)をしながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。   私は臨床検査技師 ...

-細胞診, 臨床検査

Copyright© OdaCM. T Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.