https://odacmt.com

細胞検査士認定試験 一次筆記試験 小問解説 細胞診 臨床検査

【基礎編】中間径フィラメントの種類と特徴を知っておこう

こんばんは、オダシ(@OdaCM_T)です。

普段は大学病院の臨床検査技師、医療系大学院生(D1)をしながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。

この記事を書いているの私は、養成課程在籍時に 細胞検査士認定試験を、一回でパスしました。

その後、大学院に進学し、 後輩たちの研究や学習のバックアップを行っています。

学生たちから、こんな要望がありました。

一次試験の対策を始めたのですが、この知識で十分なのか分からないので解説してほしい。
男子学生
男子学生

というものです。

 

中間径フィラメントの問題は過去10年間で4回ほど出題されています。

病理・細胞診業務においては、基本事項に分類されるため、

押さえておきたいところです。  

 

オダシ
オダシ
細胞小器官の中でも種類が多く、覚えにくいのが中間径フィラメントです。さっそく解説していきます

 

中間径フィラメントの種類

中間径フィラメントは、 細胞骨格を形成する成分の一つで、

マイクロフィラメントと微小管の間の太さのため中間径フィラメントと呼ばれます。    

知っておくべき中間径フィラメントの種類は

  • ケラチンフィラメント
  • ニューロフィラメント
  • デスミン
  • ビメンチン
  • GFAP
  • ラミン
  • ネスチン
の7種類です。  

 

正確な分類は

  • TypeⅠ: 酸性ケラチン
  • TypeⅡ: 塩基性ケラチン
  • TypeⅢ: ビメンチンデスミンGFAP、ベリフェリン
  • TypeⅣ: ニューロフィラメント
  • TypeⅤ: ラミン
  • TypeⅥ: ネスチン

などに分類されますが、ここまで覚える必要はありません。  

 

中間径フィラメントの特徴

中間径フィラメントには細胞に応じた特徴があります。

  • 上皮細胞のケラチン(サイトケラチン)
  • 神経細胞のニューロフィラメント
  • 筋系細胞のデスミン
  • 間葉細胞のビメンチン
  • 神経膠細胞のGFAP
  • 核ラミナを構成するラミン
  • 神経外胚葉前駆細胞のネスチン

 

高分化の腫瘍では、中間径フィラメントの細胞特異性を利用した免疫染色が用いられるため、覚えておくとよいでしょう。    

 

まとめ

「中間径フィラメント」についてまとめてきました。

おさらいします。

  • テーマは「中間径フィラメントの把握」です
  • 過去10年間で複数回出題されているテーマです
  • 覚えておくべき知識は少ないため、頭に入れてしまいましょう

皆さんが、一次試験を無事突破することを願っています。

1

こんばんは、オダシ(@OdaCM_T)です。 普段は大学病院の臨床検査技師、医療系の大学院生をやりながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。 4月に入り、新年度が始まり ...

2

こんにちは、オダシです。 普段は大学病院の臨床検査技師、細胞検査士、医療系大学院生(D2)をしながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。   私は臨床検査技師 ...

-細胞検査士認定試験 一次筆記試験 小問解説, 細胞診, 臨床検査

Copyright© OdaCM. T Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.