https://odacmt.com

細胞診 臨床検査

【日常から学ぶ】病理業務の周辺知識をおさえる 問題解説 技術-10【第52回 細胞検査士認定試験 一次筆記試験】(2020.8.18追記)

こんばんは、オダシ(@OdaCM_T)です。

普段は大学病院の臨床検査技師、医療系大学院生(D1)をしながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。

この記事を書いているの私は、養成課程在籍時に

細胞検査士認定試験を、一回でパスしました。  

その後、大学院に進学し、

後輩たちの研究や学習のバックアップを行っています。  

学生たちから、こんな要望がありました。

一次試験の対策を始めたのですが、この知識で十分なのか分からないので解説してほしい。
男子学生
男子学生

というものです。  

 

前の問題はこちら(2019年度 技術-9.Papanicolaou染色について正しいものはどれですか)

次の問題はこちら(2019年度 技術-11.ホルムアルデヒドについて正しいものはどれですか) (2020.8.18追記)

 

オダシ
オダシ
さっそく解説していきます

 

問題 技術-10【第52回細胞検査士認定試験 一次試験筆記】

オダシ
オダシ
問題文を見ていきましょう

10.次のうち正しいものはどれですか。  

  1. キシレンやメタノールは第2種有機溶剤に該当する
  2. 血液の付着した注射針は赤色のバイオハザード容器に廃棄する
  3. 感染症の記載がなければ標準予防策はとらない
  4. インシデントに対して対策を講じる必要はない
  5. スクリーニング判定陰性症例の1%をダブルチェックすることが推奨されている

解答は1.です。  

 

この手の問題は、

例年出題されますが、

個々の知識ではあまり

問題として出題されません。

 

病理業務における周辺知識は

細胞検査士にも求められ、

他の資格を受験する際にも

必要な知識なのでこの機会に

おさえておきましょう。

 

本問のポイント

この問題のポイントは「病理業務の周辺知識」です。

オダシ
オダシ
病理業務に携わる上では、基礎となる知識です

病理業務の周辺知識

 病理業務に携わる上で、

必要な周辺知識は

上げたらキリがありません。

必要に応じて追記していきます。

 

とりあえず、今回は選択肢にある

  • 代表的な有機溶剤
  • バイオハザード容器の種類
  • 標準感染予防策の基本
  • インシデントへの対応
  • スクリーニング判定陰性症例の取り扱い

について、おさえておきましょう。

オダシ
オダシ
それぞれについて解説していきます

 

代表的な有機溶剤

有機溶剤はその性質によって、

第1種~第3種に分類されます。

 

細かな指針は厚生労働省から

有機溶剤を正しく使いましょう

という冊子で示されています。

 

病理業務で関連する有機溶剤は、

  • 第1種:
    • クロロホルム
  • 第2種:
    • アセトン
    • イソプロピルアルコール
    • キシレン
    • ジメチルホルムアミド
    • メタノール

といったところでしょうか。

 

業務の中で覚えていくものなので、

養成課程などから受験する方は

意識して覚えていく必要があります。

 

バイオハザード容器の種類

バイオハザードマークは

色によって中の廃棄物を判断します。

    • 赤色:血液などの液状、泥状のもの
    • 黄色:注射針、メスなどの鋭利なもの
    • 橙色:血液が付着したガーゼなど固形状のもの

これは覚えるしかありません。

日常業務でも必要な知識なので、

身に着けてしまいましょう。

 

標準感染予防策の基本

日本救急医学会では、

標準感染予防策(スタンダードプレコーション)は、

全ての患者・医療従事者に適応され、

病原微生物の感染源確認の有無にかかわらず、

血液、すべての退役、汗を除く分泌物、

排泄物、傷のある皮膚、そして粘膜が

感染原因になるという考えに基づく

と記載されています。

 

予防策としては、

    1. 手洗い
    2. 手袋
    3. マスク・ゴーグル
    4. ガウン
    5. 器具交換
    6. リネン交換

などが行われます。

 

 

インシデントへの対応

インシデントは、

  1. 患者には実施されなかったが、仮に実施されたとすれば何らかの被害が予測される場合
  2. 患者に実施されたが、結果的に被害がなく、またその後の観察も不要であった場合

を指しており、

医療事故に分類される、

アクシデントとは異なります。

 

インシデントが起こった際には、

再発防止のために、インシデントレポートの

集積、改善が必要です

 

スクリーニング判定陰性症例の取り扱い

スクリーニング判定陰性症例の取り扱い

については、臨床細胞学会から

細胞診業務の精度管理ガイドラインに関する会告

が出されています。

 

この会告に従いますと、

スクリーニング判定が陰性の症例の

10%以上を、報告前に他の有資格者

による、再スクリーニングが必要です。

 

問題解説 技術-10【第52回細胞検査士認定試験 一次筆記試験】

オダシ
オダシ
今回の選択肢を振り返ってみます

10.次のうち正しいものはどれですか。  

  1. キシレンやメタノールは第2種有機溶剤に該当する
  2. 血液の付着した注射針は赤色のバイオハザード容器に廃棄する
  3. 感染症の記載がなければ標準予防策はとらない
  4. インシデントに対して対策を講じる必要はない
  5. スクリーニング判定陰性症例の1%をダブルチェックすることが推奨されている

解答は1.です。

選択肢の中で、

2.血液の付着した注射針は赤色のバイオハザード容器に廃棄する

は、針などの鋭利物は

黄色のバイオハザード容器に

廃棄するため、誤った選択肢です

 

3.感染症の記載がなければ標準予防策はとらない

は、感染症の有無にかかわらず、

標準感染予防策はとることが必要なので、

誤った選択肢です

 

4.インシデントに対して対策を講じる必要はない

は、インシデントは発生後、再発を防ぐため、

インシデントレポートを作成するため、

誤った選択肢です

 

5.スクリーニング判定陰性症例の1%をダブルチェックすることが推奨されている

は、スクリーニング判定陰性の症例の

10%以上をダブルチェックすることが

推奨されているため、誤った選択肢です

 

まとめ:問題 技術-10【第52回細胞検査士認定試験 一次試験筆記】

今回は「第52回細胞検査士認定試験 一次試験筆記 問題 技術-10」についてまとめてきました。

おさらいします。

  • 問題のテーマは「病理業務の周辺知識
  • 病理業務を遂行する上で必要な知識は多いです
  • 突き詰めるとキリがありませんが、最低限は押さえておきましょう

皆さんが、一次試験を無事突破することを願っています。

1

こんばんは、オダシ(@OdaCM_T)です。 普段は大学病院の臨床検査技師、医療系の大学院生をやりながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。 4月に入り、新年度が始まり ...

2

こんにちは、オダシです。 普段は大学病院の臨床検査技師、細胞検査士、医療系大学院生(D2)をしながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。   私は臨床検査技師 ...

-細胞診, 臨床検査

Copyright© OdaCM. T Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.