https://odacmt.com

細胞診 臨床検査

【必須】ホルムアルデヒドの取り扱い 問題解説 技術-11【第52回 細胞検査士認定試験 一次筆記試験】(2020.8.20追記)

こんばんは、オダシ(@OdaCM_T)です。

普段は大学病院の臨床検査技師、医療系大学院生(D1)をしながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。

この記事を書いているの私は、養成課程在籍時に

細胞検査士認定試験を、一回でパスしました。

その後、大学院に進学し、

後輩たちの研究や学習のバックアップを行っています。

 

学生たちから、こんな要望がありました。

一次試験の対策を始めたのですが、この知識で十分なのか分からないので解説してほしい。
男子学生
男子学生

というものです。  

 

前の問題はこちら(2019年度 技術-10.次のうち正しいものはどれですか)

 

次の問題はこちら(2019年度 技術-12.顕微鏡について誤っているものはどれですか)(2020.8.20追記)

 

オダシ
オダシ
さっそく解説していきます

 

問題 技術-11【第52回細胞検査士認定試験 一次試験筆記】

オダシ
オダシ
問題文を見ていきましょう

11.ホルムアルデヒドについて正しいものはどれですか。

  1. 腎機能に対する障害はない
  2. 管理濃度は0.01ppmである
  3. 発がん性は指摘されていない
  4. 1年に1回の作業環境測定を行う義務がある
  5. 化学物質過敏症の原因の一つとされている

で、解答は5. です。  

 

固定液としてのホルマリンは、

病理業務から切り離せません。  

本問のポイント

この問題のポイントは「ホルムアルデヒドの取り扱い」です。

オダシ
オダシ
病理業務において、ホルムアルデヒドは欠かせません。しっかりと管理していく必要があります

ホルムアルデヒドの取り扱い

ホルムアルデヒドについて 押さえておくべき知識は

  • 規制されている法律・政省令
  • ホルムアルデヒドの管理濃度
  • ホルムアルデヒドの影響

です。

 

これらの項目は確認しておきましょう。  

オダシ
オダシ
それぞれ解説していきます。

 

規制されている規則・法律

ホルムアルデヒドが規制されている

代表的な規制・法律は

  • 「特定化学物質障害予防規則」:第2類
  • 「毒物および劇物取締法」:毒物
  • 「有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律」

です。

 

特に、特定化学物質障害予防規則の第2類に

規制されていることは知っておきましょう。

6か月以内毎に一回、作業環境測定を

行い、記録を30年間残す必要があります。

また、6か月以内に一度健康診断を

行う必要があります。

 

臨床においても規則・法律の

知識は必要です。

度々の法改正もありますが、

それも含め、知識のアップデートを

していきましょう。

 

ホルムアルデヒドの管理濃度

「特定化学物質障害予防規則」によって

ホルムアルデヒドの管理濃度は0.1ppm

と規定されています。

 

 

ホルムアルデヒドの影響

ホルムアルデヒドは

毒物および劇物取締法によって毒物

に指定されており、人体への影響が

あることを知っておきましょう。

具体的には

  • 0.2ppm:微かな臭気を感じる
  • 0.5ppm:明らかな臭気を感じる
  • 1~2ppm:目や鼻に刺激を感じる
  • 3~5ppm:目や鼻、喉に強い刺激を感じ、長時間の滞在が不可能
  • 10ppm~:呼吸困難

といった症状が出ます。

 

臭気を感じるレベルが0.2ppm

なので、管理濃度は0.1ppm以下

となっています。

 

その他、臓器への障害や発がん性も

あるため、注意が必要です。

 

また、有害物質を含有する家庭用品の

規制に関する法律によって、

化学物質過敏症の原因の一つと

指摘されています。

 

 

問題解説 技術-11【第52回細胞検査士認定試験 一次筆記試験】

オダシ
オダシ
今回の選択肢を振り返ってみます

11.ホルムアルデヒドについて正しいものはどれですか。

  1. 腎機能に対する障害はない
  2. 管理濃度は0.01ppmである
  3. 発がん性は指摘されていない
  4. 1年に1回の作業環境測定を行う義務がある
  5. 化学物質過敏症の原因の一つとされている

で、解答は5. です。

 

この問題は、ホルムアルデヒドの

臨床知識を詰め込んだ問題となっています。  

 

選択肢の中で、

1.腎機能に対する障害はない

は、ホルムアルデヒドの影響の一つに

腎機能障害が指摘されているため、

誤った選択肢です。

 

2.管理濃度は0.01ppmである

は、特定化学物質障害予防規則によって

ホルムアルデヒドの管理濃度は0.1ppm

と規定されているため、誤った選択肢です。

 

3.発がん性は指摘されていない

は、選択肢の1と同様に、発がん性が

指摘されているため、誤った選択肢です。

 

4.1年に1回の作業環境測定を行う義務がある

は、選択肢の2と同様、

特定化学物質障害予防規則によって、

6か月以内に一度の作業環境測定が

義務付けされているため、誤った選択肢です。

 

まとめ:問題 技術-11【第52回細胞検査士認定試験 一次試験筆記】

今回は「第52回細胞検査士認定試験 一次試験筆記 問題 技術-11」についてまとめてきました。

おさらいします。

  • 問題のテーマは「ホルムアルデヒドの取り扱い
  • 病理業務とは切り離せないテーマです。
  • 病理に携わる技師には不可欠な知識です

皆さんが、一次試験を無事突破することを願っています。

1

こんばんは、オダシ(@OdaCM_T)です。 普段は大学病院の臨床検査技師、医療系の大学院生をやりながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。 4月に入り、新年度が始まり ...

2

こんにちは、オダシです。 普段は大学病院の臨床検査技師、細胞検査士、医療系大学院生(D2)をしながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。   私は臨床検査技師 ...

-細胞診, 臨床検査

Copyright© OdaCM. T Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.