国試対策 臨床検査

【検査を知ろう】的中率を理解しよう 【国試対策】【臨床検査】

こんばんは、オダシです。

普段は大学病院の臨床検査技師として働きながら、医療系の大学院生(M2)をしています。

医療系のトピックや臨床検査、細胞検査について書いてます。

前回は、新型コロナウイルスの検査から発展して、検査の有用性の判断基準として「感度」と「特異度」についてまとめました。

今回は、検査の有用性を考えるうえで、必要なもう一つの基準、「的中率」についてまとめています。

的中率を理解しよう

前回のおさらいです。

どんな検査であっても、検査を受けるときにはその検査の特徴を理解して、判断することが必要ですとお伝えしました。

前回は検査の判断基準の一つとして、「感度」と「特異度」について学びましたね。

今回は「的中率」を学びましょう。

今回も具体例を使って説明していきます。

Xというウイルスの検査キットがあります。

Xを使うと、「陽性」か「陰性」がわかります。

Xを実際に使ってみた結果を次の分割表.1に示します。

分割表.1

A、B、C、Dのカテゴリはこんな意味です。

  • A:検査で陽性で、疾患もあった(真の陽性)
  • B:検査で陽性だが、疾患はなかった(偽陽性)
  • C:検査で陰性だが、疾患があった(偽陰性)
  • D:検査で陰性で、疾患もなかった(真の陰性)

前回の記事では「感度」と「特異度」は次のように決められていましたね。

感度」: 患者(疾患がある人)のうち、検査で陽性の人の割合 、つまりA/(A+C) 

特異度」:健常者(疾患がない人)のうち、検査で陰性の人の割合 D/(B+C)

この知識をもとに「的中率」を学んでいきましょう。

「的中率」ってなんだ?

「的中率」は検査結果の陽性、陰性の両方について評価します 。つまり、「陽性的中率」、「陰性的中率」を考えることが必要になります。

今回の検査でいえば

「陽性的中率」:検査が陽性になった人の中で、患者(疾患がある)の割合、つまりA/(A+B)

「陰性的中率」:検査が陰性になった人の中で、健常者(疾患がない人)の割合、つまりD/(C+D)

ということになります。

計算の方法は、「感度」「特異度」の方法を入れ替えたような感じですね。

ここまでわかってもらえればあと一歩です。

「的中率」には「感度」「特異度」とはちがった性質がひとつあります。

それは、有病率との関係性があるということです。

有病率とは、集団のうち患者(疾患ありの人)がいる割合です。

ここで、もうひとつ具体例を使います。

Yという検査キットは

  • 感度:80%
  • 特異度:80%

という特徴があるとします。

この検査キットを

  1. 患者が100人、健常者が100人で全体200人の集団(有病率:50%)
  2. 患者が100人、健常者が900人で全体1000人の集団(有病率:10%)

の二つの集団に対して使った時の「的中率」を考えてみましょう。

1. 200人の集団に対して実際に使った結果(分割表.2)

分割表.2

分割表.2は次の特徴となります。

  • 陽性的中率:80% 80/(80+20)
  • 陰性的中率:80% 80/(20+80)

計算すれば出てきますね。

では、もう一方はどうでしょうか。

2. 1000人の集団に対して実際に使った結果(分割表.3)

分割表.3

分割表.3は次の特徴となります。

  • 陽性的中率:約47% 80/(80+90)
  • 陰性的中率:約98% 810/(20+810)

二つの具体例から同じ検査を行ったとしても、集団の有病率の違いで、的中率にちがいが出ることがわかってもらえたかと思います。

一般的には、有病率が小さい疾患ほど、陽性的中率が減少します。(今回の新型コロナウイルスにも同じことがいえます…)

そのため、有病率が低い疾患に対しては、追加検査を行って、検査結果を精査する必要があります。

まとめ

今回は、「的中率」についてまとめました。

おさらいします。

  • 「陰性的中率」:検査が陰性になった人の中で、健常者(疾患がない人)の割合
  • 「陰性的中率」:検査が陰性になった人の中で、健常者(疾患がない人)の割合
  • 「的中率」は集団の有病率によって、大きく変化する。

今回の記事が皆さんの役に立てば幸いです。

この記事が良かったらいいね!お願いします。

1

こんばんは、オダシ(@OdaCM_T)です。 普段は大学病院の臨床検査技師、医療系の大学院生をやりながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。 4月に入り、新年度が始まり ...

2

こんにちは、オダシです。 普段は大学病院の臨床検査技師、細胞検査士、医療系大学院生(D2)をしながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。   私は臨床検査技師 ...

-国試対策, 臨床検査

Copyright© OdaCM. T Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.