https://odacmt.com

細胞診 臨床検査

【割と大切!】Giemsa染色の特徴 問題解説 技術-13【第52回 細胞検査士認定試験 一次筆記試験】(2020.8.25追記)

こんばんは、オダシ(@OdaCM_T)です。

普段は大学病院の臨床検査技師、医療系大学院生(D1)をしながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。

この記事を書いているの私は、養成課程在籍時に

細胞検査士認定試験を、一回でパスしました。

その後、大学院に進学し、

後輩たちの研究や学習のバックアップを行っています。  

 

学生たちから、こんな要望がありました。

一次試験の対策を始めたのですが、この知識で十分なのか分からないので解説してほしい。
男子学生
男子学生

というものです。  

 

前の問題はこちら(2019年度 技術-12.顕微鏡について誤っているものはどれですか)

次の問題はこちら(2019年度 技術-14.染色法で誤っている組み合わせはどれですか) (2020.8.25追記)

 

 

オダシ
オダシ
さっそく解説していきます

 

問題 技術-13【第52回細胞検査士認定試験 一次試験筆記】

オダシ
オダシ
問題文を見ていきましょう

13.Giemsa染色について誤っているものはどれですか。

  1. 塗抹後は急速に乾燥する
  2. ギムザ原液にはエオジンが入っている
  3. ギムザ原液の希釈液には酢酸緩衝液を用いる
  4. ギムザ液の希釈は染色の直前に行う
  5. ロマノフスキー効果により多種の色調が得られる

で、解答は3. です。

 

Giemsa染色は細胞診において、

Papanicolaou染色と肩を並べる、

メジャーな染色です。

活用できるようにしましょう。

 

本問のポイント

この問題のポイントは「Giemsa染色の特徴」です。

オダシ
オダシ
Giemsa染色を苦手とする方もいますが、読めるようになると視野が一気に広がります

Giemsa染色の特徴

 

Giemsa染色は

「Papanicolaou染色の弱点をカバーするための染色で

体腔液や血液系の疾患を診断するのに非常に重要な

染色の一つ」

(細胞診を学ぶ人のために 第6版)

と意義付けられています。

 

また、他の染色法に比べ、

  • 細胞剥離が少ない
  • ネタクロマジーを示す
  • 分泌顆粒などの証明が良好

なども、Giemsa染色の

意義と考えられえます。

 

Giemsa染色について、

細胞検査士が知っておくべき

知識について、解説していきます。

 

Giemsa染色の原理

Giemsa染色は、

  • メチレンブルー
  • アズール
  • エオジン

の混合物を用いた染色です。

 

メチレンブルー、アズールは塩基性色素、

エオジンは酸性色素です。

 

メチレンブルーは、

好塩基性成分と結合し、

淡い青色に染まります。

 

アズールは正に荷電し、

負に荷電している

核のDNAリン酸基と結合し、

紫色に染まります。

 

エオジンは負に荷電し、

正に荷電している

好酸性成分と結合し、

赤色に染まります。

 

 

 

Giemsa染色の手技

Giemsa染色の

手技やプロトコルは

各施設によって異なりますが、

今回は私が実験時に使っている

プロトコルを示します。

参考:月刊Medical Technology 別冊 最新染色法のすべて

 

  1. 固定・染色:メイグリュンワルド原液          3分
  2. 染   色:10倍希釈pH6.4リン酸緩衝液 3分
  3. 流水 水洗:                  30秒
  4. 後 染 色:ギムザ染色液                            30分
  5. 流水 水洗:                  30秒
  6. 乾   燥:急速冷風乾燥
  7. 透   徹:キシレン            3槽
  8. 封   入:マリノール

といった感じで、研究室などでは

用手法で染色しています。

 

試薬の濃度や染色時間に

細かな違いはあれど、

一般的な方法からは

逸脱していない

ベーシックな方法です。

 

注意点としては

  • 塗抹後は急速に冷風乾燥すること
  • ギムザ染色液は使用直前に調整すること

が必要です。

Giemsa染色の染色結果

Giemsa染色はPapanicolaou染色では

観察しにくい部分を、

観察することが重要です。

目的物が染まっていることは

しっかり確認しましょう。

 

染色結果は

  • 細胞質:淡い青~青藍色
  • 核:紫色
  • 核小体:淡い青~濃い青色
  • 間質性粘液・基底膜様物質:薄赤~赤紫色

といった感じになります。

 

多様な染色性がみられることを

ロマノフスキー効果といいます。

 

問題解説 技術-13【第52回細胞検査士認定試験 一次筆記試験】

オダシ
オダシ
今回の選択肢を振り返ってみます

13.Giemsa染色について誤っているものはどれですか。

  1. 塗抹後は急速に乾燥する
  2. ギムザ原液にはエオジンが入っている
  3. ギムザ原液の希釈液には酢酸緩衝液を用いる
  4. ギムザ液の希釈は染色の直前に行う
  5. ロマノフスキー効果により多種の色調が得られる

で、解答は3. です。

 

この問題は、Giemsa染色の特徴

をおさえておけば問題ありません。  

 

選択肢の中で、

3.ギムザ原液の希釈液には酢酸緩衝液を用いる

は、ギムザ原液の希釈にはpH6.4リン酸緩衝液

を用いるため、誤った選択肢です

 

まとめ:問題 技術-13【第52回細胞検査士認定試験 一次試験筆記】

今回は「第52回細胞検査士認定試験 一次試験筆記 問題 技術-13」についてまとめてきました。

おさらいします。

  • 問題のテーマは「Giemsa染色の特徴
  • 細胞診を行う上ではPapanicolaou染色と肩を並べる染色です。
  • 特徴を押さえておくと判定に役立ちます

皆さんが、一次試験を無事突破することを願っています。

1

こんばんは、オダシ(@OdaCM_T)です。 普段は大学病院の臨床検査技師、医療系の大学院生をやりながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。 4月に入り、新年度が始まり ...

2

こんにちは、オダシです。 普段は大学病院の臨床検査技師、細胞検査士、医療系大学院生(D2)をしながら、医療系トピックや臨床検査、病理・細胞診、研究について書いています。   私は臨床検査技師 ...

-細胞診, 臨床検査

Copyright© OdaCM. T Blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.